第2次富加町地球温暖化対策実行計画

HOME町政情報施策・計画第2次富加町地球温暖化対策実行計画

富加町地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

計画の基本的事項

1.計画の背景と目的

 本町では、平成13年にISO14001を認証取得し、各施設における省エネ・省資源、廃棄物の減量化などに関わる取組を実施してきました。平成26年度からは、『地球温暖化対策の推進に関する法律』に基づき、温室効果ガス排出量を削減することを目的に、平成30年度までを計画期間として「富加町地球温暖化対策実行計画」(第2次富加町エコチャレンジプラン)を策定し、取り組んできました。
 平成27年には「パリ協定」が採択され、わが国は平成28年に閣議決定された「地球温暖化対策計画」において、温室効果ガスの排出を2030年度に2013年度比(平成25年度比)で26%削減する目標を掲げました。
 平成31年度からはこれまでの取組を継承しながら地球温暖化対策計画に即して第2次富加町地球温暖化対策実行計画を策定し、地球環境への負荷を低減し地球温暖化対策の推進を図ることを目的とします。

2.計画の対象範囲

富加町役場の全事業拠点の事務及び事業とします。

3.計画の期間

平成31年度から平成35年度の5年間を計画期間とします。

4.対象とする温室効果ガス

地球温暖化対策推進法の対象とする7つの温室効果ガスのうち、当面の間、排出量の多くを占めている二酸化炭素(CO2)を対象とします。

5.温室効果ガス排出量の目標

平成30年度実績を基準に、平成35年度末までに温室効果ガス排出量を3%削減することを目標とします。

カテゴリー

閲覧履歴

関連性の高いページ

    上へ