子宮頸がん予防ワクチンの接種ついて

HOME記事子宮頸がん予防ワクチンの接種ついて

 厚生労働省は、平成25年6月14日に子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えを決定しました。理由として、ワクチン接種との因果関係を否定できない持続的な疼痛が、子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同じ副反応の発生頻度などがより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの期間、定期接種を積極的に推奨すべきものではないと判断されたためです。

 現在、子宮頸がん予防ワクチン接種を積極的にはお勧めしていませんが、接種希望者は定期接種として無料で受けることができますので、福祉保健課までご連絡ください。

 接種にあたっては、子宮頸がん予防ワクチンの有効性と副反応のリスクを十分に理解した上で接種をしてください。

【接種対象者】  中学1年生~高校1年生 女子

【接種回数】   3回

【接種場所】   契約医療機関

※接種を希望される方は、福祉保健課(54-2117)までご連絡ください。

カテゴリー

お問い合わせ

福祉保健課 福祉保健係(保健)

電話:
0574-54-2117
Fax:
0574-54-2461
閲覧履歴

上へ