特別の理由による任意予防接種費用助成事業について

HOME記事特別の理由による任意予防接種費用助成事業について

 

 町では、骨髄移植手術(造血幹細胞の移植)を受けた影響で、定期予防接種ワクチンの抗体が失われた20歳未満の方を対象に、再接種費用の助成を行っています。

 

助成対象者

次のいずれにも該当する方が対象となります。

1.骨髄移植手術(造血幹細胞の移植)により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。

2.再度の予防接種を受ける日において、富加町に住所を有し20歳未満であること。

 

対象となる予防接種(種類と期間)

令和2年4月1日以降に再接種した、予防接種法(第2条第2項)にて定める定期予防接種が対象となります。

※BCGは接種対象外となります。

※対象年齢時点で未接種であったワクチンについては助成対象外です。

※ヒブ、小児肺炎球菌、四種混合については再接種できる年齢に上限があります。

 

助成額

再接種にかかった費用を助成します。

ただし、富加町の各予防接種の委託料単価を上限とします。

 

申請方法

以下の流れで申請します。詳細については案内文書(PDF 181KB)をご覧ください。

① 再接種を受ける前に、富加町福祉保健課窓口にて申請をする。

② 認定されたら、再接種を受け、予防接種費用(全額)を医療機関へ支払う。

  ※領収書を必ず保管してください。

③ 再接種が終了した日から起算して1年を経過する日までに、交付申請をする。

④ 交付が決定したら、助成金が指定口座に振り込まれる。

 

カテゴリー

お問い合わせ

福祉保健課 福祉保健係(保健)

電話:
0574-54-2117
Fax:
0574-54-2461
閲覧履歴

関連性の高いページ

    上へ