岐阜県非常事態緊急対策に伴う酒類提供飲食店の営業時間短縮等の要請について

HOME記事岐阜県非常事態緊急対策に伴う酒類提供飲食店の営業時間短縮等の要請について


岐阜県非常事態緊急対策に伴う酒類提供飲食店の営業時間短縮等の要請について

 岐阜県において、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しています。
 そのため、これ以上の感染拡大を防ぐため、岐阜県から非常事態宣言が発令され、「非常事態緊急対策」として、酒類提供飲食店に対して、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、営業時間の短縮等の要請が出されましたので、ご協力いただきますようお願いいたします。

 なお、要請に応じた事業者には岐阜県から協力金が支給されます。

要請期間

 令和3年1月12日(火)~令和3年2月7日(日)までの27日間

要請内容

 ・要請の期間中、営業時間を午後8時までに短縮すること。

 ・要請の期間中、酒類の提供は午前11時から午後7時までに短縮すること。

  ※できれば午後7時までに飲酒を終えていただきたい。

対象業種

 酒類の提供を行う飲食店(酒類の提供を行う、カラオケ店やライブハウス等を含む)
 ・食品衛生法に基づく「飲食店営業許可」を受けている店舗のうち、酒類の提供を行う店舗

  ※テイクアウト・デリバリー専門店やイートインスペースがあるスーパーやコンビニエンスストア、キッチンカー等は対象外。

協力金支給額

 1店舗あたり108万円

申請要件

 協力金の申請要件は、下記のすべてに該当する方です。

○酒類の提供を行う飲食店(酒類の提供を行う、カラオケ店やライブハウス等を含む)であること。
 ・令和3年1月11日(月)以前に開業しており、営業実態が明らかに確認できる事業者であること。

○岐阜県内の営業時間短縮要請の対象地域内に所在する店舗を運営する事業者であること。

○岐阜県の営業時間短縮要請期間において、営業時間の短縮要請に全面的に協力した店舗であること。
 ・全面的とは要請期間のすべてにおいて、営業時間の短縮に応じることをいいます。なお、要請期間内において終日休業した場合も対象となります。

○接待を伴う飲食店、カラオケ店、及びライブハウスについては、感染防止対策マニュアルを作成・提出し、その確認を受けていること。なお、現時点でマニュアルを提出していない店舗は、協力金の申請時にあわせてマニュアルを提出することが支給の条件となります。

○暴力団、暴力団等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団等となっている法人でないこと、また、暴力団等が経営に事実上参画していないこと。

申請方法等

 申請書類・申請方法など詳細は、岐阜県のホームページをご確認ください。

【岐阜県のホームページ】
https://www.pref.gifu.lg.jp/site/covid19/122433.html

協力金の支給

 要請期間終了後、確認が取れた申請案件から速やかに支給が開始されます。

 

岐阜県へのお問合せ先

 058-272-8192(要請・協力金コールセンター)
 当面の間、平日、土日祝日の9:00~17:00

カテゴリー

お問い合わせ

産業環境課 産業環境係

電話:
0574-54-2113
Fax:
0574-54-2461
閲覧履歴

上へ