新型コロナウイルスのワクチン接種について

HOME記事新型コロナウイルスのワクチン接種について

新型コロナウイルスのワクチン接種について

新型コロナウイルスのワクチン接種について、開始時期、接種場所などの情報をお知らせします。国によるワクチンの確保状況により変更されることもあります。

 

接種開始時期

当面、確保できるワクチンの量に限りがあることから、重症化するリスクが高いとされている高齢の方から、順次接種していく予定です。

 

予約受付開始について

16~64歳の方の接種券については、6月29日以降順次お送りする予定です。その後、予約についての案内を対象年齢の方に郵送しますので、案内に沿って予約をしてください。

第1弾:介護保険(支援)認定者の方 4月26日(月)~

第2弾:75歳以上の方 5月9日(日)~

第3弾:70歳以上の方 5月30日(日)~

第4弾:65歳以上の方 6月6日(日)~

第5弾:基礎疾患を有する方・高齢者施設などの従事者 6月23日(木)~

第6弾:60~64歳の方 7月5日(月)~

※受付開始日以外は平日のみの受付です

※受付時間は9:00~17:00

※年齢は年度末(R4.3.31)時点のものです

※上記の年齢に限らず、かかりつけ医にて接種を行う場合は、かかりつけ医の案内に従ってください。

 

接種の対象者

1.医療従事者など

2.高齢者施設の入所者

  高齢者施設等の従事者(5月6日から接種を開始しました)

3.介護保険の要介護(支援)認定者(5月8日から接種を開始しました)

4.高齢者(5月19日より75歳以上の方の接種を開始しました)

 ※高齢者とは令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方

5.基礎疾患を有する方(7月下旬以降に接種開始予定)、医療従事者のうち未接種の方

  ※事前の申出が必要です。(申出期間:6月21日(月)まで)

  ※基礎疾患を有する方とは、以下の病気や状態の方です。

   1.慢性の呼吸器の病気
    2.慢性の心臓病(高血圧を含む)
    3.慢性の腎臓病
    4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
    5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病、又は他の病気を併発している糖尿病
    6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
    7.免疫の機能が低下する病気(治療中運悪性腫瘍を含む)
    8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    11.染色体異常
    12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    13.睡眠時無呼吸症候群
    14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に

     該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

    15.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方  

     ※BMI(kg/㎡)の計算方法:体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

6.高齢者施設等の従事者の方(7月下旬以降に接種開始予定)

  ※高齢者等が入所・居住する介護保険施設、居宅系介護サービス、老人福祉施設、障がい者支援施設などの従事者

   上記従事者の方で接種を希望される場合は、接種券をお送りしますのでお申出ください。(申出期間:6月21日(月)まで)

   集団接種で接種される方は、接種券に同封する予約方法にて、ご予約ください。

7.16~64歳の方

8.12~15歳の方(令和3年6月1日に追加承認されました)

  ※16歳未満の方については、保護者の同意が必要です。また、接種日時点で12歳以上になっている必要があります。

9.その他

  町では、集団接種会場のスタッフ、町内のこども園の保育士等を集団接種会場のキャンセルの余剰ワクチンを利用して順次接種を行っています。

 

接種までの流れ

下記の方法で接種を受けることになります。

1.町から接種券(クーポン券)と予診票、接種についての案内が入った封筒が届きます。

2.予約期間に予約をします。

3.予約した日時に接種会場に出向き、接種を受けます。

※65歳以上の高齢者の皆様宛には、3月31日に接種券(クーポン券)を発送しました。16歳~64歳までの皆様宛には6月29日以降、順次発送します。

※町外のかかりつけ医で1回目のワクチン接種を受けられた方は、2回目の予診票をお送りしますので、福祉保健課(54-2117)へご連絡ください。

 

接種場所

原則として、住民票所在地の自治体が設ける接種会場での集団接種で接種を受けることとなっています。

集団接種会場 : 富加町保健センター

接種協力医師 : 杉山クリニック 杉山医師・石原医師

         いこまファミリークリニック 生駒医師

 

接種日

毎週水・木・土曜日の午後

※臨時に日曜日の午後に接種日を設ける場合があります。

 

ワクチンの種類

・ファイザー社ワクチン

※ワクチンは2回接種します。2回目の接種は、1回目の接種日の3週間後の同じ曜日です。

 

接種をするにあたって

・新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。情報提供を行ったうえで、接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

・基礎疾患や持病がある人は、ワクチンを接種する前に主治医またはかかりつけ医に相談しましょう。

 

接種費用

接種費用は全額公費となるため、自己負担金はなく、無料で接種できます。

 

接種の進捗状況

◆接種の実績(令和3年6月21日現在)

集団接種(富加町保健センター)

町内の高齢者施設

1回目

2回目

1回目

2回目

802人

582人

161

154

※町内の高齢者施設には町外の利用者も含まれています。

◆現在、65歳以上の約8割の方が予約済となっています。

 

副反応について

主な副反応は、注射した部位の痛みや腫れ、頭痛、関節・筋肉の痛み、疲労、悪寒、発熱などがあります。また、まれにおこる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状がある場合は、国や県の電話相談窓口(コールセンター)または、接種医やかかりつけ医に相談しましょう。

先行接種者健康調査についてはこちらをご覧ください。

【概要】

 ・接種部位の発赤・腫脹・硬結・熱感

  接種の2日目をピークに約12%の方にみられました。2回目接種の方が反応が強くでる傾向です。

 ・接種部位の疼痛:接種2日目をピークに約90%の方にみられました。接種の5~6日目には改善しています。

 ・接種部位のかゆみ:接種3日目をピークに約4%の方にみられました。2回目接種の方がかゆみが強くでる傾向です(約8%)。

 ・頭痛:1回目接種では約10%の方に見られますが、2回目の接種では、接種2日目をピークに約60%の方にみられました。

 ・倦怠感:1回目接種では約15%の方に見られますが、2回目の接種では接種2日目をピークに約50%の方にみられました。

 ・発熱:2回目の接種の方が反応が強く、2日目に37.5℃以上の発熱が、約35%の方に見られました。

 ・全身倦怠感:1回目接種では約25%、2回目接種では約70%の方に見られました。

 

相談窓口

●厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンコールセンター 

  電話番号:0120-761770(土・日、祝日も対応します)

  受付時間:9時00分~21時00分

●岐阜県 新型コロナウイルスワクチン接種相談窓口(ワクチンコールセンター)

  電話番号:058-272-8222(土・日、祝日も対応します)

   受 付 時 間:9時00分~21時00分

  相談受付内容:ワクチン接種に関する質問や相談(接種後の副反応への対応方法など)

●町での相談窓口

  福祉保健課 電話番号:0574-54-2117(平日)

  受付時間:8時30分~17時15分

 

予防接種健康被害救済制度

一般的に予防接種では、副反応による健康被害が極めて稀ではあるものの、避けることができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ医療機関での治療が必要になったり障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済が受けられます。ただし、予防接種で通常起こりえる軽度な副反応に対しては、補償の対象とならないことがあります。

 

よくある質問項目

よくある質問項目(Q&A) (PDF 175KB)をまとめました。接種の参考にしてください。

 

関連情報

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

接種についてのお知らせ(厚生労働省)

新型コロナワクチンQ&A

 

カテゴリー

お問い合わせ

福祉保健課 保健係

電話:
0574-54-2117
Fax:
0574-54-2461
閲覧履歴

上へ