光宗寺とその文化財

HOME観光・文化文化・芸術文化光宗寺とその文化財
HOME観光・文化文化財文化財光宗寺とその文化財

富加町加治田中町に所在する浄土真宗本願寺派の寺院。本尊の阿弥陀如来像をはじめ、七高租像、准如上人像など計7点が富加町指定重要文化財となっています。

銀杏の木(富加町指定天然記念物)

光宗寺の銀杏の木
光宗寺の銀杏の木

光宗寺の山門に向かって左側にそびえる銀杏は、樹齢400年を超えます。近隣では珍しい銀杏の大木であり、富加町指定の天然記念物となっています。この銀杏は光宗寺がこの土地に移築される以前よりこの地に在って、もとは武家屋敷にあったものと伝えられています。光宗寺の前進「願正房」は、はじめ堂洞にあり、次に寺洞に「古御堂」として移転され、さらに江戸時代の中頃に、現在の場所に定まったそうです。

  • 所在地

加茂郡富加町加治田

お問い合わせ

  • 富加町郷土資料館 TEL 0574-54-1443
  • 富加町教育委員会 文化財係 TEL 0574-54-2177

カテゴリー

閲覧履歴

関連性の高いページ

    上へ