ごみの減量にご協力ください

HOME記事ごみの減量にご協力ください

令和2年度1年間に富加町の家庭から出た可燃ごみの量は906トンで、前年度の873トンから33トン増加しています。これは、町民1人あたりにすると年間約6キログラム増加しています。

環境負荷やごみの減量のために家庭で取り組めることを紹介します。町ぐるみでのごみ削減にご協力ください。

生ごみは水気を切る

生ごみは可燃ごみの大半を占めており、その約80%は水分と言われています。そのため、焼却処理の際により多くのエネルギーが必要となります。
生ごみを捨てる前にしっかりと水気を切るなどしてごみを出すことで、減量になります。

namagomi.png

生ごみを堆肥にして有効利用する

生ごみの自家処理を推進するため、町では生ごみ処理機の購入補助金を設けています。
生ごみを畑づくりなどの堆肥にして、ごみの有効利用に取り組んでみましょう。

資源物は分別してリサイクル資源に活用する

ペットボトル、食品トレイ等は資源ごみとして活用できます。
資源ごみは、月に2回収集日があります。
また、段ボールや新聞紙などは、富加小学校、双葉中学校のPTA活動で資源回収が行われています。
資源ごみのリサイクルを意識し、ごみの分別排出にご協力ください。

sigen.png

カテゴリー

お問い合わせ

産業環境課 産業環境係

電話:
0574-54-2113
Fax:
0574-54-2461
閲覧履歴

関連性の高いページ

    上へ